現代人は色々な手段でメッセージのやり取りをするようになっています。

SNSは多くの人々に普及しており、現在ではプライベートなやり取りにおいてはメールサービスよりも使われる機会が増えています。このように相互でメッセージのやり取りが出来るサービスは数多くありますが、それでもキャリアメールは現在でも活用出来るメールサービスの一つとして利用される事が多いです。キャリアメールはEメールへも送信出来るサービスであり、そのベースになっている技術がMMSです。

MMSはSMSよりも長文を送る事が可能であり、更に画像や音声を添付ファイルとしておくる事が出来ますので、SMSよりも運用がし易いというのが利点です。MMSを使う時には、携帯キャリアとの契約が必須となります。携帯キャリアが提供するメールサービスがキャリアメールですので、キャリアが提供するプランを契約しなければ使えません。

家族間でメールをしたり、Eメールアドレスへメールを送信したりする際には、携帯電話で使えるメッセージングサービスではキャリアメールが適しているサービスの一つです。フリーのWebメールサービスを使う人々も増加していますが、キャリアメールを併用する事も出来ますので、ユーザーのメール環境やメッセージングサービスの利用状況に応じて、キャリアメールを使うようにしていくと利便性が増すかもしれません。SMSよりも高い表現力でメッセージを送る事が出来るのはユーザーにとってはメリットが大きいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *