近年、SNSやメッセージングサービスが充実してきた事で、携帯メールを使う機会は減ってきています。

しかし、SMSはオンラインサービスの認証を行う為に使ったり、メッセージングサービスやSNSを使っていない家族や友人や知人に対しては現在でもMMSを使う事があります。キャリアメールは、携帯電話のプラン契約をしている人々が利用出来るメールサービスですが、キャリアによっては独自規格をベースにしてサービスを提供しています。

MMSを採用しているキャリアは、国際標準に対応していますので、国際ローミングにおいても利用出来る可能性が高いです。MMSを採用する事で、SMSの弱点を補う事ができ、お互いに表現力が高いメールのやり取りが行えます。それなりに長い文を相手に送りたい場合には、MMSはSMSよりも適しています。文章がある程度長い事で、伝えたい内容を伝え易くなりますし、絵文字を使う事で感情を表現する事も出来ます。

MMSは、画像や音声ファイルなどを添付して送信する事が出来る機能があります。これは、Eメールのような使い方が出来ますので、画像などで知って欲しい内容がある場合には、文章を書くよりも手間がかからなくて便利です。キャリアメールのベースとなっている技術ですが、現在主流になっているメッセージングサービスやSNSで日常的に使っている機能の多くを盛り込んでいますので、それらのサービスと併用するのもそれほど難しくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *