MMSはこれまでの道路情報の取得方法とは異なり、車両に様々な測定機器を搭載して走行するだけで豊富な情報を取り込むことができる仕組みとなっています。

さらに、これらの情報を携帯電話回線などを利用してセンターのサーバーに送信することで、瞬時に取得した情報を処理し適切な形式で利用者に配信することができるのも大きなメリットとなっているのです。MMSで取得できる情報は、レーザー計測による建物の位置や形状、及び走行する車両の速度や道路標識などが挙げられます。

これらは走行中の車両から運転者が確認する情報にほぼ近いものとなっており、実際に走行する環境の中でこれらの情報を得ることができることから、非常に重要なものとなっているのです。基本的にMMSで取得したものは道路地図の製作やカーナビのリアルタイム情報などに応用されることが多いのですが、道路から見た周辺の状況なども確認することができるため、3次元立体図を測定する場合などにも広く利用されています。

最近では道路走行を行う際に様々な建物の表示が非常に鮮明に画面に現れることが多いのですが、これらの情報はMMSを利用して取得していることが多いため、運転者の強力なサポートツールとして利用されることも多いのです。MMSは総合的な道路の状態を確認する上で非常に貴重な情報源となっており、道路地図を作るためだけではなく、今後も様々な仕組みをサポートする者として注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *