MMSとは「マルチメディアメッセージングサービス」の略であり、携帯電話を用いて送受信するメールサービスの1つです。

メールアドレスの中盤にあるアットマーク以降に、各携帯電話会社の名称が入るのが大きな特徴です。一度に送信できるテキスト量の制限はなく、写真を添付することもできます。一方、同じく携帯電話から送信する際に電話番号を用いてメールを送受信するサービスは「SMS(ショートメッセージサービス)」です。それぞれの企業の料金やプランによって多少の差はありますが、基本的には文字数制限があり全角70文字・半角160文字以内となっています。

ただMMSは携帯電話会社からメールアドレスを割り当てられるという特性を持つため、キャリアを利用しない格安SIM・スマートフォンでは使用できません。格安SIMの場合は、キャリアメールの代わりにフリーメールが割り当てられます。そのため格安SIMを利用している携帯電話で送受信する際は、必然的にSMSしか選択肢がないこととなります。

SMSはMMSよりも文字数や添付ファイルなど機能面に制限があるものの、送信先の電話番号さえ知っていればメールのやりとりが可能です。同じキャリア同士で送受信する際は無料であったり、他の携帯電話会社に向けて送信する際もMMSよりも1通あたりの料金が低かったりと利用料金面にもメリットがあります。状況や用途に応じて、SMSとMMSを上手に使い分けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *