空撮とは、文字通り空中から撮影する事を意味します。

以前は飛行機やヘリコプターなどに搭乗し、撮影する事が主流でした。ですが、現在はドローンを使用する事がメジャーとなりつつあります。ドローンとは無人航空機の事です。厳密な定義は航空法によって定められており、現在の空撮には欠かせないツールとなっています。ドローンを使う事で、空撮映像はより自由に撮影できるようになりました。ドローンは操作が簡単で、安定した飛行が可能です。

しかも飛行機やセスナ機などより費用が安くすみます。被写体に対して様々な角度から近づくことが出来ることも魅力のひとつです。ドローンで空撮を楽しむ際に、気になる事は航空規制です。2015年施工の改正航空法では、バッテリーを含めた機体重量が200グラムを超えるドローンについて、許可が必要であると定義されています。軽量ドローンであれば事前に申請の必要なく気軽に空撮を楽しめますが、一定の重量以上となると事前に申請が必要となる事は知っておきましょう。

ドローンの選び方にも注意が必要です。価格帯もそうですが、使用目的や用途は事前に決めておく必要があります。静止画か動画か、操縦をするか自動飛行させるかだけでも楽しみ方が異なってくるものです。購入したドローンの会社によっては、アフターサービスが用意されているところもあります。もし安心して趣味のドローンを楽しむのであれば、こういったケアにも配慮する事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *