モービルマッピングはMMSとも呼ばれていて近頃、とても高い精度の測量の方法として注目が集まっています。

中でも近頃はGPSの精度が高まってきていて、より一層高い精度の位置情報を知ることが可能なので地形図を作成する情報として効果的に活用されることが据えてきているのです。これまでは地形図などを作成する手段としては良く航空測量が採用されてきました。地形を上空からみることが可能な航空測量は地形の形状を効果的に確認することが可能なメリットがあるだけではなく、地形図を実際に作成するときに航空写真と比べながら作成することが可能なため非常に便利な方法です。

しかし航空測量は精度が低いことがデメリットで、正確な地形図を作成するには地上で実際に手作業で測量するなど追加作業が発生していました。MMSはGPSによって正確な測位情報を使用することが可能で、その位置の標高も測定することが可能なので精度の高い情報をリアルタイムで測定することが可能な画期的な手段として注目が集まっています。

その上に近頃ではレーザー測量を同時に行い建築物の高さなども測定することが可能で、カメラで撮影された映像と組み合わせることによって測定を効果的に行うことが可能です。そしてMMSは従来から実施されていましたが、今までMMSは航空測量の情報を補足するような役割が中心でした。ところが近頃では航空測量よりも細かい情報を取得することが可能なので、今では地形図を作成する作業において主流となっている方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *