MMSとは、モービルマッピングシステムのことをいいGPS・レーザー・カメラなどの機器を車両に搭載してデータの取得をします。

走行しながら道路の形状・建物・標識やガードレール。道路周辺のマンホールなどの3次元位置情報を獲得していくことができるのです。高精度なデータを走るだけで交通をストップすることなく取得できることに特徴があります。計測システムとしてMMSは導入されて地図作製などに大きな役割を果たしました。MMSのデータは、GPSで位置情報を取得していますからカメラの映像と付け合わせることによって道路の補修や施設の管理に応用できます。

3次元データですから地域の防災対策などに利用できるのです。行政の分野では、道路台帳の作成や道路の占有状態の調査をしたり、標識管理などもできます。測量だけでなくMMSを応用している業界は増加しているのです。建設業界では、トンネル調査に使ったり住民説明用の資料を作成したりしています。

高精度なドットで表示されたデータを映像と結びつける技術であることから、大きな課題になっている老朽化しているインフラの整備するにあたっての資料として重要な役割を果たすのです。老朽化の進んだすぐに改修しなければならない箇所を特定していく作業などにも利用できます。都市計画における現状把握をするためのデータとしても活用が可能です。MMSモービルマッピングシステムを活用すれば課題を解決する手掛かりになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *