モービルマッピングは走行中の車両から外部の地形データを始め様々なデータを収集することが可能です。

これらのデータは様々な用途に利用されるビックデータとしての価値を持ち、その用途に応じて利用されるものとなるため、非常に重要な情報として様々な分野に役立てられるものとなっているのです。モービルマッピングで収集したデータの最も一般的な用途は道路地図の製作です。従来は道路地図は航空写真や実際の自動車を走行し様々な写真を撮影したり、人間の記録により情報を収集して、これを人手でまとめたものを元に制作されるものとなっていましたが、そのために非常に時間がかかり、地図ができた頃には道路の状況が変化していると言うことも少なくありませんでした。

モービルマッピングを利用することで短期間で最新の地図を製作することができ、現代のカーナビゲーションなどに広く応用されているものとなっています。また、モービルマッピングの情報は交通情報としても非常に重要な価値を持っているものとなり、カーナビに表示される現在の様々な渋滞情報はこの方式により採集された情報を元に製作されることが一般的です。

実際に自動車で走行する際の2つの時点間の移動時間や移動距離等を情報として発信し、これらを集計して渋滞情報を提供することもできるので、最新の情報をカーナビので受け取ることができるようになっています。モービルマッピングにより収集されたデータは様々な用途に利用されるため、ビックデータと呼ばれる多目的データの収集が行われているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *