モービルマッピングという言葉をご存知でしょうか。

これは英語で「mobilemapping」と書き、mobileは可動性という意味で、mappingは写像とか対応付けといった意味です。ですので、モービルマッピングで「動きながら対応付けする」といった意味になります。それにシステムという言葉が付いて、その頭文字だけをとった「MMS」と表記されることもあります。さて、これは具体的にはどういうものかというと、移動しながら3次元空間にある建物や道路などの構造物を高精度で計測するものです。このシステムでは車を使います。

乗用車の屋根に周囲の映像を映すカメラや現在位置を計測するGPS、そしてトンネルなどGPSの電波が届かない所の位置を計測するIMU、それに周りの構造物との距離を測るレーザー計測器を載せて計測したい場所を走行します。そうやって計測したデータを集めた後に、撮影した映像やコンピュータグラフィックスなどによって、パソコンなどの画面上で3次元空間を再現することが出来ます。通常、道路などの測量をする場合、数名の作業員によって、車の通行が無くなった間に行ったりしますが、それには危険が伴います。

多くの箇所を計測するとなれば大変です。それに交通量の多い場所であれば、車の往来は絶えずありますし、通行止めにする必要があります。そうなると渋滞が発生したり、幹線道路なら経済活動にも支障が出かねません。ですので、この車を走らせるだけで3次元の空間を高精度で計測出来るモービルマッピングはとても役に立つのです。道路上のわずかな段差なども見つけることも出来ますし、マンホールの位置なども把握することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *