モービルマッピングを活用する事で、車を走行させながら構造物があるエリアを正確に計測する事が出来ます。

モービルマッピングシステムは、デジタルカメラと3次元レーザ計測機で構成されており、これらを駆使して、3次元座標データや連続写真を取得していきます。モービルマッピングを使うメリットは、道路が幅広いエリアに跨っている場合において効率的にデータ収集を行い、集めたデータから現在の構造物の状態を確認する事が出来る点です。

再開発をしたり、改装したり、新規に道路を開通させたりする予定を立てたり、古くなった構造物にどのような不具合が出ているかを短期間である程度把握するには良い方法です。システムを車に搭載させる事が出来ますので、幅広いデータ収集を行い、詳細な計測を実施出来ます。新モデルになればなるほど、高性能になっていますので、より正確なデータを取得出来るでしょう。社会インフラの整備は、現代社会の安全を確保する上で重要です。

インフラの長寿命化に貢献させる事ができ、将来的には自動運転が一般的なものになるように、ダイナミックマップを作成するのにも役立ちます。モービルマッピングで事前に現地調査をしておく事で、工事を進める上で長時間道路を専有する事が無くなります。現況把握をするのにも効率的に行なえますので、社会インフラの整備を迅速に行う手段として有効です。モービルマッピングの導入を行う事でインフラ整備をより効率的に実施出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *