地形測定は地図の作製のほか様々な土地活用に非常に重要なものとなっています。

また近年では無線通信が非常に重要な位置を占めており、この疎通性を確保するためにも地形を正確に把握することが非常に重要な要件となっているのです。しかしこれまでの地球測定は航空写真や実際の目視による測定が中心となっていたため、測定値による誤差や人間の感覚による誤差が生じることが多く、正確に測定することが非常に難しいものとなっていました。

航空レーザー計測はレーザーを利用しその反射時間や反射角を測定することで詳細に対象の形状を測定する方法ですレーザーを利用しその反射時間や反射角を測定することで詳細に対象の形状を測定する方法です。これを利用することによりこれまでの航空写真や牧師による確認に比べて非常に高い精度で測定を行うことができるようになっています。さらに従来では近寄ることができなかった様々な地域についても正確に確認をすることができ、高い精度を生み出すことが可能になっているのです。

また航空レーザー計測は短時間で作業を完了することができるため非常に効率の良い測量が行えます。従来は地形図を作成する際に多くの時間を費やしていることが多かったのですが、航空レーザー計測の導入により迅速に最新の情報を利用した地形図を作成することができ、通信状態の確保や実際の飛行機等の航路設定を迅速に行うことができるようになっているのです。航空レーザー計測は現代の技術を生かすための非常に重要なものとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *