航空レーザー計測と言う測量方法があります。

地形などを把握する上で重要なもので、広い分野での活用が期待されています。従来、航空機を使った測量は空中写真を使ったものでした。ただし、地表が見えない写真では樹高を勘案する必要があるため、精度が悪く現地と整合しないことがありました。その問題点を改善できるのが航空レーザー計測です。

航空レーザー計測を行うには、GPS受信による位置情報の把握とレーザー照射による測量が重要となります。また、航空機の位置や加速度、角速度をリアルタイムで記録して、あとで行われる解析によってセンサの位置や姿勢情報で補正を行うことで測量を行います。補助的に空中写真も撮影するので合わせて状況を確認することが可能です。まずは航空機で対象となる場所の上空を通過します。その時にGPS受信による位置情報を取得しながら水平にレーザー照射を行い、その返りを受信する仕組みです。

物体に当たる位置によってレーザーの反射はずれが生じるので、その時間差を長さの情報に変換します。あとは姿勢や角度などの補正を行うとその場所の高さ情報を取得することが可能です。積雪による影響はありますが、樹木などの存在はあまり影響しません。一度に広範囲で測量を行うことができるので時間をかけずにデータを取得できることがメリットです。人が張り込めないようなところでも問題なく測量することができるので、災害地などへの活用に期待が高まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *