航空レーザー計測は航空機を用いてレーザー計測器を使い、地上までの距離を求める測量法のことです。

航空レーザー計測の用途としては広範囲の地上の起伏を調べることであり、短時間に効率的に地形を把握することができます。この点は山岳地帯のほか建物が密集している地域においては効率よく測量地図を作ることができるものです。その一方で水平方向の精度を詳細に求めることが難しくレーザー点ごとの高さ精度も±15cmと、厳密なものではありません。それでも人力で測量をするよりもはやく済ませることができますし、人が測量に入る前の事前調査といった面でも有益です。

このため航空レーザー計測が使われる用途としては、広範囲の地形状況の把握が中心になります。航空レーザー計測のメリットは、航空機を用いることで広範囲を短時間に調べることができることのほか、また夜間や多少の悪天候においても計測することができることです。それに使用されるレーザーは植物の葉を透過するため、森林でも詳細な地形データーが得られます。

従来の航空写真と比べるとこの点では有利ですが、あくまでも地表の形しか把握することができません。たいていの場合には航空写真を併用して行われますし、場所を正確にするためにGPSと測距儀に取り付けたIMU(慣性計測装置)によって位置情報を得ます。これらの情報を処理することによってコンピューターを使って三次元データを作ることも出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *