航空レーザー計測は、レーザーの照射を利用して3次元計測を可能にした測量方法です。

上空からレーザーを照射しその跳ね返ってくる時間から各地点の標高などを割り出して計測する技術です。この方法だと樹木などに覆われている地点でも葉や草の隙間をかいくぐって正確に地表に届いたデータを選び出すのでその精度と形状を推測することができます。航空レーザー計測を用いると立体化された3D地図を数センチの精度で地表を読み取り画像表示を集めることで立体化された地図を提供できるのです。

WEBサイトでは精密な3D地図が公表されており全国どこでも3D化して見たりプリントすることもできます。日本全国を立体化して表現することができるようになったことは、様々なサービスでの可能性を秘めています。3D地図が全世界に網羅されることで誰もが地球上を見て回れるようになります。結果的に意図せぬ発見もできるようになります。

ミステリーサークルからピラミッドまで最近はやりの山奥の一軒家も見つけることができます。今まで誰も気づかなかった不思議な世界を発見することになるのです。航空レーザー計測で収集したデータは、自動運転車のデータとしても活用できます。立体化されていますから道路のまわりの障害物などを把握できるのです。自動運転をするためには精密な立体的な地図を利用することがカギとなってきます。将来的に色々な分野での活用が期待できる将来を予測する指標になりうる技術の進歩がもたらしたものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *